アユイング

【アユイング限定】ルアーの選び方とオススメ5選を紹介!

アユをルアーで狙うこの釣りは、コツさえわかれば、タックルも手軽で誰でも明日から始められます。

どんなルアーが釣れるのか、基本をまとめてました。

ただし、アユのルアー釣りはまだまだ発展途上。

そのため、釣行前に必ず予定している川のレギュレーション(遊漁規則)を確認しましょう。

特に注意すべきは以下の4点。

遊漁規則を必ず確認!
  1.  ルアーの使用が許可されているか
  2. リールの使用が許可されているか
  3.  ハリスの長さは何cmまでか
  4.  ハリスの本数は何本までか

また、遊漁券は必ずアユが含まれたものを買うこと。

トラブルが多発してしまうと、アユのルアー釣りそのものが禁止となる可能性も。

トラマニちゃん
トラマニちゃん
各河川のルールやマナーをしっかりと守って釣りを楽しもう!

アユイングで使えるルアーは?

基本は、鮎カラーのフローティングミノーとなります。

アユのルアー釣り専門のミノーが各社から販売されていますが、必ずしもそれでなければ釣れないというわけではありません。

8~10cm程度のミノーであれば魚は反応してきます。

トレブルフックを外して、テールにハリス止めを取り付ければ、カケ張りを装着できるようになります。

掛けハリスの長さは、ルアー1個分が基本。

掛け針の種類は様々ですが、バラシが多くなりがちなのでキープ力を重視したものがオススメです。

アユイングルアーのカラー

友釣と同様に、アユのナワバリ意識を利用した釣りなので、アユカラーが基本となります。

しかしながら、季節やエリアによって、若干アユ自体の色も変化します。

その河川で、1番反応の良いカラーを探っていくのがオススメです。

ミノーの種類

ミノーは根掛かりをしたときに外しやすい、フローティングミノーが使いやすいです。

また、底を引かないとアユは反応してこないので、潜行レンジが十分なルアーを選びましょう。

アユは流れの強い場所の方がサイズが良いことも多いです。

そんな場所を狙うのであれば、速い水流でも浮き上がりを抑え、泳ぎが錠しにくいものが有利となります。

オススメのアユイングルアー5選