トラウトリール

21プレッソLTをインプレッション!エリアトラウトを極めるための1台をレビュー!

21プレッソlt

『プレッソLT』は、淡水のルアーゲームに特化した小型スピニングリール。

野池のバスフィッシングや、管理釣り場のエリアトラウトはもちろん、ありとあらゆるフレッシュウォーターゲームで使用できます。

21プレッソlt

「21プレッソLT」は、ダイワの最新技術を搭載したハイエンドモデル。

決して安い製品ではありませんので、購入を検討中の方は参考にしてみてください。

LTとは「Light(軽い)」で「Tough(タフ)」であることの略称。ダイワの造語ですが、圧倒的な軽さ耐久性に特化していることを表します。

21プレッソLTの特徴

トラウトフィッシングや、バスフィッシングに最適なリールです。

極小スプーンやプラグを使い、セレクティブなトラウトの繊細なあたりを、リトリーブ中に感じ取ることが出来る感度の良さが魅力。

ナイロンだけではなく、PEやエステルでもライントラブルを最小限に抑えることができるる製品です。

ソルト専用ではないので、最強の防水機能『マグシールド 』は使われていません。定期的なメンテナンスが必要ですが、高価な防水機能を外す代わりに3万円程度に抑えることができています。
搭載スペック
  • オイルベアリング
  • モノコックボディ
  • ATDシステム

オイルベアリング

圧倒的な巻き心地と、リールの軽さを追求するために開発。

エリアトラウトの繊細なアタリはもちろん、ルアーや水流の変化も感知するほどの仕様に。

モノコックボディ

ボディの素材には、軽量と剛性を極限まで追求した『ZAION(ザイオン)』というカーボン素材を使用。

ボディの内部構造『モノコックボディ』との組み合わせで、剛性とギアの噛み合わせの精度を格段に飛躍させています。

ATDシステム

『ATDシステム』は、ライン放出時のドラグ調整システムのことで、極細ラインの使用を想定したものになっています。

21プレッソLT口コミと評判

実際のインプレッション

今回は「LT1000S-P」をインプレッション!

まず手にして驚いたのが、マットブラックを基調としたモノコックボディ特有の軽さ。

特別な樹脂をメインに作られているので、一握りでその圧倒的な軽さを体感できると思います。

21プレッソltボディ 21プレッソlt1000ボディ

金属特有の光沢感もなく、深い黒味のあるマットボディです。

21プレッソlt1000ボディ

さらにマグシールドが搭載されていない分、巻きの軽さと巻き心地も大幅に改善。

上位機種のルビアスエアリティと比較しても、大差は感じられません。

トラマニちゃん
トラマニちゃん
余分なものを引き落とした分、巻きの軽さとスムーズさが抜群だよ!

21プレッソLTラインナップ

圧倒的な軽さとシルキーな巻き心地で、他の機種にはない特徴を持ったハイエンドリール。

オイルベアリングの搭載により、軽快で吸い付くような、滑らかなフィーリングを感じることができる稀有なリールです。

品名 ハンドル1回転 ギア比 自重 最大ドラグ力 ナイロン PEライン
LT1000S-P 61cm 4:9 145g 5kg 2.5lb-100m 0.3号-200m
LT2000SS-P 64cm 4:9 150g 5kg 2.5lb-100m 0.3号-200m

LT1000S-P

145gの自重に抑えた、超軽量級のスピニングリール。

コンパクトなボディからは、想像できないパワーを搭載。

1g程度のマイクロスプーンを扱う釣りでも、スムーズにラインが発射されます。

LT2000SS-P

2000番サイズとは思えない、圧巻の軽量スピニングモデル。

50cmを超える大型トラウトにも力負けしません。

管理釣り場に限らず、ネイティブを狙ったトラウトゲームにも最適です。

21プレッソLTまとめ

『21プレッソLT』は、とことん軽量化にこだわった製品で、パーツのひとつひとつまで吟味されたモデルになっています。

内部構造は、オイルベアリング仕様となっており、巻き始めからシルキーな滑らかさが感じられます。

他の一般的なモデルとは、全く違った究極の回転性能を保持しているのも必見です。