エギングロッド

【2024年】おすすめの最新エギングロッドと失敗しない選び方

エギングロッド

エギングには専用のロッドが必要となります。

エギを操るためのアクションを的確にコントロールするには、適したロッドの選定が重要です。

エギングロッドを選ぶ際には、硬さ、長さ、重さが重要なポイントに。

釣行先や狙うイカのサイズ、手持ちのエギの号数などに配慮して決定しましょう。

エギングロッドの選び方

  • 初心者向けエギングロッド5選
  • 中級者向けエギングロッド8選
  • 上級者向けエギングロッド8選
  • 7ft台のエギングロッド5選
  • 8ft台のエギングロッド5選
  • 9ft台のエギングロッド5選
  • ソリッドモデル限定のエギングロッド
  • チューブラーモデル限定のエギングロッド

硬さの選び方

ロッドの硬さはエギングのパフォーマンスに直結します。

硬めのロッドは操作性が高く、ピンポイントで狙った場所にエギを送り込むことができます。

しかしながら、ルアーの抵抗を感じにくいことがあるので注意が必要です。

一方、柔らかいロッドはエギの軽い抵抗も感じ取ることができます。

アクションはより自然に見え、イカに警戒されにくいのがメリットです。

ルアーや狙う魚によって硬さを適宜選択しましょう。

長さの選び方

エギングロッドの長さはキャストの飛距離や操作性に大きな影響を与えます。

一般的には8〜9フィートが標準的な長さで、これならば比較的長い距離へのキャストが可能でありつつ、扱いやすさも兼ね備えています。

岸からのエギングであれば、長いロッドの方が飛距離を出しやすいですが、狭い場所や船の上からのエギングでは短めのロッドが取り回しやすく適しています。

自分が釣りをする環境を考慮し、最適な長さを選定しましょう。

重さの選び方

ロッドの重さは疲労度に直結するため、長時間のエギングを考えるなら軽量なロッドがおすすめです。

また、ロッドの重さはキャスト時のバランスにも影響するため、使用するエギの号数に合ったロッドを選ぶ必要があります。

重たいエギを使用する際は、それに耐えうる重量があるロッドが求められます。

軽いエギの場合は、軽量なロッドでも十分なパフォーマンスを発揮できます。

快適なエギングのためにも、使いやすい重さのロッドを選び出しましょう。

1万円台のおすすめエギングロッド

エメラルダスX

エメラルダスXは、ダイワから販売されているエントリーモデルに相当するエギングロッドです。

1万円の価格帯ではありますが、エギングに求められる基本性能を抑えているモデル。

初心者モデルでありながら、中級者のサブロッドとしても人気の高い製品です。

全8機種がラインアップされており、季節やエギのサイズに合わせて選びやすい製品に仕上がっています。

エメラルダスX 611UL-S

  • 全長:2.11m
  • 継数:2本
  • 仕舞:109cm
  • 自重:85g
  • エギ:1.5-1.8号
  • PEライン:0.15-0.4号

エメラルダスX 86ML

  • 全長:8.3ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:134cm
  • 自重:120g
  • エギ:1.8-3.5号
  • PEライン:0.5-1.0号

セフィアBB

シマノから販売されている、エントリー機種に相当するエギングロッド。

1万円前後の価格帯でありながら、ブランクスにはシマノの最新テクノロジーを搭載。

セフィアBBは、これからエギングを始める方に最適なロッドで、全16機種がラインナップされています。

エリアやアオリイカのサイズに合わせて、最適な1本を選ぶことが可能です。

22セフィアBB S83ML

  • 全長:8.3ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:129cm
  • 自重:105g
  • エギ:1.8-3.8号
  • PEライン:0.4-1号

22セフィアBB S86ML

  • 全長:8.6ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:133cm
  • 自重:103g
  • エギ:1.8-3.8号
  • PEライン:0.4-1号

2万円台のおすすめエギングロッド

エメラルダスMX

エメラルダスMXは、ダイワから販売されている上位機種に相当するエギングロッドです。

2万円の価格帯ですが、最上位機種に搭載されている技術も一部使われており、コストパフォーマンスに優れたロッド。

ミドルモデルでありながら、上級者も納得して使ええるシャクリやすさ、パワー、そして軽さを実現しています。

14種のロッドがラインナップされており、細分化されたエギングの釣法にあわせた1本を選ぶことができます。

セフィアSS

シマノから販売されている、中位機種に相当するエギングロッド。

2万円前後の価格帯でありながら、ブランクスにはシマノの最新テクノロジーを多数搭載。

全14機種がラインナップされており、それぞれに専門性を持たせています。

エギングスタイルが確立した、中級者に最適なロッドといえるでしょう。

3万円台のおすすめエギングロッド

エメラルダス AIR AGS

エメラルダス AIR AGSは、ダイワから販売されている上位機種に相当するエギングロッドです。

3万円の価格帯ですが、筋肉質なブランクを採用することで、力強いシャクリを実現。

さらに、シャクリやすさに直結する軽さを重視して作られ、多くのエギング上級者に愛されています。

12機種がラインナップされており、季節や狙うアオリイカのサイズに合わせてロッドを選ぶことが可能です。

セフィアXR

シマノから販売されている上位機種に相当するエギングロッド。

3万円以上もする価格帯ではありますが、シマノの最新テクノロジーをフル搭載。

ベテランエギンガーも納得して使用できる性能を有しています。

全8機種がラインナップされ、多様化するエギング戦略に対応しています。

-エギングロッド