シーバスリール

23カルカッタコンクエストMD【インプレ】大物とのファイトに特化した剛性ベイトリール

23カルカッタコンクエストMD

よく比較される機種

シマノから販売されている、剛性に優れた、金属製丸形リールのベイトキャスティング専用リール。

5万円の価格帯で販売されており、決して安い価格ではありません。

しかしながら、「ショア」「オフショア」を問わず、大物とファイトをするためのスペシャルモデルです。

23カルカッタコンクエストMDの特徴

キャスト時のライントラブルを防いでくれる「SVS MD TUNE」を搭載。

一度内部のブレーキシューでセッティングを決めれば、外部ダイヤルの調整だけでバックラッシュを気にせずキャストできます。

剛性の高いボディ、ギアを採用しており、負荷が掛かった状態でリールファイトしてもパワーロスがありません。

スプールの回転とレベルワインドの動きがシンクロしているので、細いラインでのファイトでもラインブレイクが軽減されます。

オススメの使い方

300番、400番の番手がラインナップされており、両者の違いはスプールの幅です。

そのため、使用するラインの太さによって使い分けてください。

PE6号までは300番、それ以上太いラインを使用する方は400番を選ぶのがよいでしょう。

ハンドル位置に関しては利き手に関して選んでください。

ハイギアを搭載しているので、特有の巻き重りが気になる方はロングハンドル搭載モデルを選択するとよいでしょう。

スピード勝負を得意としたリールですので、ハードルアーを使ったテクニカルな釣りならどんな魚が相手でも負けません。

口コミと評判

実際の使用感

トラマニちゃん
「301XGLH」で真冬のボートシーバスを楽しんだよ!

PEラインを巻いて、ビッグベイトを使ったシーバスゲームを楽しんできました。

ブレーキシューを2個ONして使用したのですが、高切れもバックラッシュも起こしません。

ビッグベイトでも30m以上は余裕でキャストすることができます。

また、パワー重視のイメージだけが強いリールでしたが、巻き感度にも優れており、ルアーの動きが手に取るように判りました。

70cmクラスのシーバスだけでなく、外道で掛けたアカエイですら、ゴリ巻きで寄せるパワーをもっています。

このリールがあれば青物でも余裕で浮かせることができるでしょう。

信頼性が抜群に高いので、大物狙いの方は最高のパートナーとなるはずです。

ラインナップ

品番ギア比最大ドラグ力巻き上げ量(1回転)PE糸巻き量(号/m)
300 XG(右)7:58kg101cm4/180, 5/140
300XGLH(右)7:58kg101cm4/180, 5/140
400 XG(右)7:58kg101cm4/260, 5/210
400XGLH(右)7:58kg101cm4/260, 5/210

カルカッタコンクエストMD 300XG(右)

  • ギア比:7:5
  • 自重:335g
  • 最大ドラグ力:8kg
  • 巻き上げ量:101cm
  • ナイロン糸巻き量:20/160, 25/135
  • PE糸巻き量:4/180, 5/140

カルカッタコンクエストMD 300XGLH(右)

  • ギア比:7:5
  • 自重:360g
  • 最大ドラグ力:8kg
  • 巻き上げ量:101cm
  • ナイロン糸巻き量:20/160, 25/135
  • PE糸巻き量:4/180, 5/140

カルカッタコンクエストMD 400XG(右)

  • ギア比:7:5
  • 自重:340g
  • 最大ドラグ力:8kg
  • 巻き上げ量:101cm
  • ナイロン糸巻き量:20/235, 25/200
  • PE糸巻き量:4/260, 5/210

カルカッタコンクエストMD 400XGLH(右)

  • ギア比:7:5
  • 自重:365g
  • 最大ドラグ力:8kg
  • 巻き上げ量:101cm
  • ナイロン糸巻き量:20/235, 25/200
  • PE糸巻き量:4/260, 5/210

-シーバスリール